留学在留資格から就労在留資格への手続き

大学三年生から就職先を探し始めるというのは日本の一般的な就職活動です。留学生は就職活動をして、内定をもらった後、留学在留資格から就労在留資格へ変更する必要があります。その手続きについてご紹介しますね。


Sponsored Link


留学生が就職内定後に行う、資格変更手続き

 

●本人側が準備すること

在留資格変更許可
➀在留資格変更許可
用紙は、入国管理局の窓口に備え付けてあります。
➁パスポートと在留カード
➂卒業証明書
早めに申請をしたい場合、卒業見込証明書を提出してもいいですが、後日、卒業証明書の提出も必要となります。
➃申請理由書
特に決まった書式はありません。審査の参考となるため、準備しておいたほうがいいですね。
➄証明写真
➅印鑑
➆履歴書

 

●会社側が準備すること

留学生
雇用契約書の写し
会社の商業法人登記簿謄本及び決算報告書
会社案内書(パンフレット)
雇用理由書


Sponsored Link


 

留学生が内定決定後に行う、資格変更てつづきのまとめ

 

◆ほとんどは三年間か五年間を申請することができます。長く日本にいたい場合、五年間の在留資格を申請してみてください。

必ず入社する前に、入国管理局へ在留資格の変更手続きを提出してくださいね。
 

理想の女性と出会えるチャンス!

夢見る人生にサヨウナラ!素敵な人を選ぶのはあなた自身!

夢の様な女性と出会える場所をご存じだろうか?そのイベントでは

多くのカップルが誕生しているという!しかも、自分に理想の女性を!

そのイベントでは、

カップル

  • 20歳以上の若い子と出会える
  • 資産家令嬢とも出会える
  • 高学歴な女性と出会える
  • どんな男性でも結婚出来る!
  • 会えるまで無料で紹介してくれる
  • 在日外国人女性も登録出来る

と、多くのメリットがあり、未婚の方々に人気があります。

今回も素敵な出会いのイベントを企画!もちろん登録無料です。

理想の出会いを求めている方は、今すぐ下記をクリック!

button_001

 

 

 


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)